子供の歯列矯正・顎顔面矯正|藤岡デンタルクリニック|港区の白金台駅2分の歯医者・歯科

web予約

  • 電話03-5421-1235
  • 東京メトロ白金台駅から徒歩2分
キービジュアル

ロゴマーク

一般的に行われている「子供の矯正」は単に歯並びを整えるものです。

当院では、歯並び改善と同時に、
呼吸器系の問題(喘息、鼻づまり、いびき)」、
「アトピー」「消化器系の問題」までも改善する、
成長発育矯正(顎顔面矯正)」を行っています。

歯並びが悪くなる根本的な問題を改善しつつ、
適切な子供の成長を促す矯正治療を
受けてみませんか。

★好評!!5万円でできる小児矯正(3歳~5歳)「プレオルソ」!★

プレオルソ

最近は患者様から「プレオルソ」のニーズが高まっていますので、特長をご紹介します。
「プレオルソ」とは、プレオルソという「マウスピース型矯正装置」を使い、小児(3歳から5歳ぐらいまで)の歯並びを改善する装置です。

この装置の特徴は「歯を直接動かす」のではなく、歯並びを悪くしている原因(口の周りの筋肉)を改善することで「間接的に歯並びを改善」していくことです。

歯は適当に生え並んでいくのではなく、「舌・頬・唇の筋肉」のバランスに合わせて並んでいきます。

つまり、この口周りの筋肉のバランスが悪ければ歯並びは悪くなり、バランスが良ければ理想の位置に自然と並んでいくのです。

プレオルソは、お口に入れることで自然と口周りの筋肉を訓練しバランスを調整してくれますので、結果、歯が正しい位置に並んでいくことになります。
プレオルソは様々な症例に適用でき、下記のような症例には専用の装置もあります。

  • 出っ歯
    矢印
    type-I

    出っ歯
    噛み合わせが
    深い

  • 凹凸
    矢印
    type-I

    前歯が噛み
    合わない

  • 出っ歯
    矢印
    type-I

    受け口

また、プレオルソにはこれまでの矯正装置にはなかった特徴があります。
それぞれご紹介します。

特徴1. 装着は「日中1時間」と「就寝時」のみ

日中1時間就寝時のみの装着となりますので、装置を学校へ持っていく必要もなく、日常生活への影響がほとんどありません。

特徴2. 治療後、後戻りしにくい

「歯並びが悪くなる原因」を根本から取り除く治療となりますので、治療終了後の後戻りの可能性が低くなります。

歯並び改善だけではなく、様々なメリットがある
「成長発育矯正(顎顔面矯正)」とは?

成長発育矯正(顎顔面矯正)の説明をする前に、「なぜ子供の歯並びが悪くなるの?」という問いにお答えしたいと思います。

悪い歯並び

現代人は栄養状態がいいので、「歯」自体は大きくなるのですが、食の多様化、軟食化に伴い咀嚼回数が激減することで歯が生える土台の「顎」自体は昔と比べ小さくなっています。
つまり、狭い顎のスペースに大きい歯が無理やりに生えることで、歯並びはガタガタになります。
特に上顎の劣成長は著しく、下顎はそれに合わせようとした結果、相対的に出っ歯や受け口になります。

一般的に行われている矯正治療では、対症療法としてガタガタになってしまった歯をいろいろと工夫しながら綺麗に整える治療を行いますが、それでは根本的な改善にはなりません。その理由として、一度並べた歯が時間の経過とともに後戻りしてしまうことからもわかると思います。

つまり、歯が生える「顎のスペースを広げるアプローチ」をしなければならないのです。
広げることで無理なく歯が顎に並んでくれるようになります。

これまでも「顎のスペースを広げる子供の矯正」は存在していました。
有名なものは「床矯正」というものです。これには次のような欠点がありました。

  • 適応年齢(4歳~10歳)が限定される
  • 後戻りしやすい
  • 床矯正後、ワイヤー矯正を高確率で行う必要があるため治療期間が長くなる
  • 取り外しできるため、お子様が勝手に外してしまいなかなか歯並びが改善しない

成長発育矯正(顎顔面矯正)も「顎のスペースを広げるアプローチ」を行う矯正手法ですが、床矯正のデメリットをすべて改善しています。その他、次のようなメリットも期待できる矯正治療です。

成長発育矯正(顎顔面矯正)で
得られるメリット

  • 「歯並び」が良くなることで
    生じるメリット

    • ブラッシングしやすくなり虫歯予防になる
    • 滑舌がよくなる
    • 運動能力の向上の可能性
    • 歯並びコンプレックスからの解放
    • 咀嚼が速くなる
  • 「上顎のサイズ」を広げることで
    生じるメリット

    • 喘息(ぜんそく)の改善
    • アトピー性皮膚炎の改善
    • アレルギー性鼻炎の改善
    • いびきの改善
    • 睡眠時無呼吸の改善
    • 咀嚼機能の改善
    • 学習能力向上の可能性
院長

「歯並び」が良くなることで生じるメリットは、一般的な矯正治療と同じです。

「顎のサイズ」を拡大することで生じるメリットは成長発育矯正(顎顔面矯正)を行うことで生じるメリットで一般的な矯正治療では得ることができません。

では、なぜ、顎のサイズを拡大することでこのようなメリットが享受できるのかを次節でご説明いたします。

なぜ成長発育矯正(顎顔面矯正)では、
喘息、アトピー等の改善が見込めるのか?

成長発育矯正(顎顔面矯正)では特に「上顎」の拡大に焦点を当てています。
なぜならば、喘息、いびき等の問題が上顎の未発達に由来することが多いからです。
これはすべて論理的に説明できます。

  1. 上顎のスペースが狭いと鼻腔も狭くなることで呼吸がしづらくなる
  2. 呼吸がしづらくなることで、鼻からの通気路は雑菌が繁殖しやすくなり上咽頭炎になる
  3. 上咽頭炎になると免疫異常が起こり、周囲の口蓋扁桃等のリンパも炎症が起き、鼻粘膜や気管の粘膜にアレルギー性の炎症が起こる。
  4. アレルギー性鼻炎になることでますます、喘息が強くなる。
  5. 就寝時に無呼吸や低呼吸になり酸素が脳へ供給されづらくなり、脳の発達に影響(学力低下)

コラム「口呼吸」ではなく
「鼻呼吸」の大切さ

呼吸

上記のように上顎の成長が適切でないと歯並びが悪くなってしまうだけでなく、鼻道の感染リスクが高くなります。哺乳類の「口」は食べるために、「鼻」は呼吸するために作られ ました。鼻は湿度・温度調節、汚染物質の除去など呼吸に特化した作りをしておりますが、口は本来呼吸用には作られておりませんので、そのような事はできません。
つまり、口から取り入れられた空気はのどを直撃しリンパ組織に損傷を与え、免疫を低下させアレルギーを引き起こすと言われています。

成長発育矯正(顎顔面矯正)ではどのような治療を行うのか?

成長発育矯正(顎顔面矯正)治療は、口腔内に「急速拡大装置」と呼ばれる特殊な器具を装着し、正中口蓋縫合と呼ばれる部分を離開し、顎の骨全体を広げることで、骨の正常な成長を促す治療を行います。

  • 装置
  • 正中

下の画像のようにねじを回すことで装置を徐々に拡大させていきます。
1回スクリューを回すと約0.2mm拡大します。

  • ステップ1
  • ステップ2

成長発育矯正(顎顔面矯正)が受けられる年齢 / 治療期間に関して

4~5歳くらいにスタートすることが理想的ですが、中学から高校くらいまでなら十分治療が可能でしょう。早ければ、早いほど、仕上がりがよくなります。

期間としては、早く終わることのできるケースで3カ月。通常はだいたい2~3年です。
通院は1カ月に一度が基本になります。治療中は矯正器具が入っていますので、虫歯予防のための歯磨き指導はしっかり行いますが、それ以外は普通の生活をしていただいて大丈夫です。

院長

初めは発音障害と、飲み込みの不具合が出る場合があります。しかし、いずれもすぐに慣れていきます。

大人の場合も、ベースからの矯正が可能です。
ただし、子どもよりは少し大がかりになります。場合によっては手術や入院を伴います。
また、ベースはそのままでも可能な矯正法もありますので、詳しくは当クリニックにご相談ください。

治療症例のご紹介

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

担当医からのメッセージ

アメリカでは、歯並びの悪い子供を幼少期のうちに矯正治療してあげるのは親の責任だと考えられています。それだけ、その後の人生におけるデメリットが十分に理解されているのです。社会に対して、女性の立場から情報発信をしているスージー・ウェルチ氏は次のような言葉を残しています。

あなた自身の決定が、10分後、10か月後、10年後にどうなっているか想像してみなさい。(By Suzy Welch)」

2ショット

歯並びの悪いお子様を連れて来院されるお母様を見ていると、矯正治療は親が子供にしてあげられる最高のギフトだと感じることがあります。子供の将来を見据え10年後に「ありがとう」と言ってもらえる選択をしてあげることが子供の人生を豊かにすることにつながります。“矯正治療というと、相談するだけで敷居が高そう”と感じている方も多いようですが、まずはお気軽にご相談ください。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 個別相談
  • 初診web予約
  • 電話03-5421-1235
  • 〒108-0071 東京都港区白金台3-16-8 クレール白金台2F
診療時間
09:30 ~ 13:00
(最終受付12:30)
15:00 ~ 18:30
(最終受付18:00)

※ △土曜日の午後の診療時間は、14:00~16:30(最終受付16:00)になります。

このページの先頭に戻る